鈴木アトリエ
HOME

・・・・・Suzuki Atelier・・・・・

鈴木アトリエ/つれづれ日記
つれづれ日記

2012/12月

  <<「つれづれ日記」目次に戻る <<



uri
私達が考える
家づくり

works

about us
アトリエ地図
アトリエ案内
lancia
メールはこちら
atelier555@mac.com

11日 社内旅行・・/ 照明取付け用器具

・・ 社内旅行 ・・ 12月11日(火)
 先週の5日から、あすなろ建築工房と共同で1泊の社内旅行へ出掛けました。マイクロバスを借りての、のんびり楽しい旅です。
 まず一行は東京スカイツリー観光へ。しかし既にスカイツリー観光は夏に行ったので、(サプライズで信弘さんが予約してくれたのにもかかわらず、当日、信弘さんが帯状疱疹になり足を引きずりながら強行したスカイツリー観光でしたけど)スカイツリーコート内の「すみだ水族館」へ別行動させてもらいました。この水族館、照明と展示の演出が素晴らしく、水槽内の生物がとても美しく見えるのです。それほど広くないけど隅々に気配り演出があり満足度は高。水族館の空間そのものが斬新で楽しい体験ができました。
二つ島
 次は仕事モードで佐藤木材へ。ここには以前「材木屋Yさん」として2006年3月18日の日記に書かせてもらった吉畑さんが転職されていて、私達の案内役をしてくれました。広大な土地に社寺仏閣で使う高価な木材が山のように積んでありました。通常住宅じゃとても使えません。住宅で使う造作材ももちろんありましたが、存在が希薄。。。この高価材木、いったいいくらなのかとよく目を凝らして見ると、1本で車が買える程!他にプレカット工場も見せてもらい、それでもさっきの材木の迫力に溜め息をつきつつ、一行は今日の宿、北茨城の二ツ島観光ホテルへ。

 このホテルは海岸の目の前。去年の東北大震災で津波の被害を大きく受け、リニューアルオープンしたのだそうです。部屋から見える「二つ島」には震災前には松が生えていたそうですが、今は何も見えません。

 夕食は胃が壊れそうなほど名物のアンコウ鍋を食べて、絶景を眺めながら温泉に入り命の洗濯をさせてもらいました。そしてぐっすり就寝。。

 明くる日、近所に岡倉天心が思索する場所として海の縁に建てた六角堂を見学。実はこの建物も大震災の津波直撃で破壊され土台しか残らなかったそう。茨城大が中心になって海底を調査し、流された六角堂の建材を回収を試みるも木材は見つからず、以前の姿そのままに新築で今年完成した建物。この六角堂内部は四畳半ほどの広さ、室内は何もなく、パノラマ窓から海が見えるだけ。思索するにはもってこいの贅沢な空間。そして少し離れた場所には岡倉天心の自邸。ここからも海が一望。

二つ島
二つ島
やはり文化人はこういう所に住み、長い時間を思索に耽っていたのですね。。。せかせかと時間に追われてあっぷあっぷしている私達とは生活が違いすぎます。24歳で東京芸大の学長に就任ってとこからまるで違う次元ですが・・・
二つ島
二つ島

<<ページトップに戻る

・・ 照明取付け用器具 ・・ 12月14日(金)
 ある道具をつくりました。

今まで、吹き抜けの高い天井の場合、照明は交換の事を考えてなるべく壁付けにしていましたが、どうしても計画上そうはいかない場合もあります。
 ならば、こういう部品を作って、、お施主さん自身が取付けられるようにすれば? と提案して工務店に作ってもらったのが右写真の棒。これにペンダントライトの角形ロゼットを挟んで、 高い場所にあるシーリングソケットにひねってセットします。

取付け棒
部品の制作費は約5000円。

この道具、なんで今まで思いつかなかったんだろう・・・・

取付け棒

<<ページトップに戻る



<<「つれづれ日記」目次に戻る<<