鈴木アトリエ
トップにもどる

・・・・・Suzuki Atelier・・・・・

uri
つれづれ日記

2007/10月

  <<「つれづれ日記」目次に戻る<<

uri
私達が考える
家づくり

works

about us
アトリエ地図
アトリエ案内
lancia
メールはこちら
atelier555@mac.com
・13日「久が原の家」地下左官・・   
・15日 今日からクィーンズモール会場 
・27日「綱島台の2世帯住宅」その後・・

・・ 「久が原の家」地下左官 ・・ 10月13日(土)
もうすぐ竣工する「久が原の家」で、今日はお施主さんと地下室壁の左官作業です。

コンクリート打ち放し壁に下地剤を塗り、乾くのを待っての左官作業。 待ち時間も長く、そうこうしているうちに段々と陽も傾き、夕方になってしまいました。 ライトをかざしながら、塗りむらが無いように作業をすすめて、全体を一通り塗ったところでタイムアウト。。作業は次の日へと持ち越されました。。
壁に塗ったのは石灰クリームです。やはりペンキ塗りと違い、頭の痛くなるような臭いは全くありません。
容器にはF☆☆☆☆とともに、ロハス認定マーク(!)が表示されていました。
ロハス認定マーク、はじめて見ました。
左官前
左官前

左官作業中左官作業中


<<ページトップに戻る<<

・・ 今日からクィーンズモール会場 ・・ 10月15日(月)
横浜そごう9階で開催していた『area045 横浜の建築家 住宅作品展』が、今日からクィーンズモール会場に場所を移しました。

建築家それぞれの力作模型の並ぶ中、私達は会場の真ん中あたりの場所に「春日の家」「水道道(すいどうみち)の家」の縮尺1/30の模型を 出展しています。模型の箱台にはそれぞれの住宅の実際の写真を貼り、模型と写真を見比べられるようになっています。

会場は、みなとみらい駅からエスカレーターを上り、海側奥の左の「ギャラリーC」です。
受付は今回の出展建築家が交代で行っています。
是非、ご来場下さい。。
出展2作品
出展模型


<<ページトップに戻る<<

・・ 「綱島台の2世帯住宅」その後 ・・ 10月27日(土)
「綱島台の2世帯住宅」1年点検。
隣地に墓地があるVの字型の変形敷地に建つ住宅です。
季節はずれの台風が関東に近づき、外は大荒れでした。

竣工から1年、建物の空間を活かし、とてもきれいに住まわれてました。
聞けば 「家具を買おうと思っても、部屋にフィットするかどうかを考えると悩んでしまう。造り付けで作ってもらった家具でなんとかなるので、 それよりも、今の家の良さを維持したい。」とか。なんともうれしいお話です。

綱島台2世帯住宅
Vの字型の変形敷地に合わせて2階はVの字型のワンルーム空間。 「子供部屋」「ダイニングキッチン」「居間」「ロフト」が仕切りなく繋がっています。 空間の中心になるアイランドキッチンからは全てが見渡せます。お子さんが子供部屋からオモチャを持ってキッチンの前を通り、ロフトを駆け上がって遊ぶ様子が料理をしているお母さんからすべて見えるわけです。
Vの字型の内角部分には出窓ベンチを作り、室内に明るさと借景を取り入れています。
実はこの隣地側は墓地。奥行のある出窓ベンチで隣地が気にならないようにしています。

・・・なんてことを作品ページで紹介しなきゃと思いつつ、もうちょっとお待ち下さい。。

台風にかこつけ、木匠工務店さんと少し前にあった謎の水漏れのチェックも行いました。 心配していた部分の水漏れはなく、雨漏りではないよう。お施主さんには様子を見てもらうことに。
その後、日常生活で付いてしまった小さな傷や汚れの補修・メンテナンス方法を木匠工務店さんは丁寧に実演しながら説明。 さすが施工のプロ!お施主さんと一緒に聞き入ってしまいました。(笑)
綱島台2世帯住宅のプラン


<<ページトップに戻る<<



<<「つれづれ日記」目次に戻る<<