鈴木アトリエ
トップにもどる

・・・・・Suzuki Atelier・・・・・

uri
つれづれ日記

2004/8月

  <<「つれづれ日記」目次に戻る<<

uri
私達が考える
家づくり

works

about us
アトリエ地図
アトリエ案内
28日(土曜日)

「宮原の家」以来、お世話になっている岐阜の製材所「長瀞産業」さんへ、久々に行ってきました。
テーブルの天板やポイントになる窓台に使用するブビンガ材を発送してもらうことが多いのですが、
今回は同業者の池和田建築設計室の池和田さん御夫婦と現地集合し、木材の下見をすることが目的。
距離的に日帰りは無理なので、我が事務所の看板猫「うり」君も同伴。以前から姫路やら群馬やらの長旅に度々付き合わされていたこともあり、車中では、かなり、くつろぎモード(写真左1番目)。
しかし、横浜から片道5時間はやっぱり遠い!
製材所にやっと到着すると、もう午後。製材所の道を挟んだ裏手には河川が雄大に流れ(写真左2,3番目)、もう溢れんばかりの自然自然!都会の喧噪の日々が嘘のよう。「長瀞産業」百瀬さんが一家総出で出迎えて下さり、その日は河のせせらぎをBGMにバーべQで夜更けまで色々と語り合いました。

目的の木材下見は次の朝から。
自然乾燥で出番を待つ木材が製材所の2階に積まれおり、そのままだと木屑に埋もれて何の木だかさっぱりわかりません。一つ一つ木屑を払いながら木種を確認し、目的の木を探します。なかなか来られる場所ではないので、つい、あれもこれも見てしまいます。
その日、私達はその足で長野の「子供自然塾」の現場へ向かいました。もちろん、うり君も一緒に。
うりも長旅同伴 周辺は雄大な自然 軒先に吊るされた玉葱 製材所 製材所小屋中


  <<  ページトップに戻る  <<

19日(木曜日)

今ひさしぶりに盆休みをとった。その間、何をしていたか?当然一日目は昼起き。
実は、体内浄化プログラムというのにのっとり、3日間、絶食を2人でやってみた。
一日3回、約300ccの野菜ジュースを飲む事と、ビール酵母と根昆布の錠剤を一緒に飲むだけ。
後はコーヒーもお茶もカフェイン系はダメ。基本的に水だけ。水分は1日コップ8杯以上摂取。煙草もだめ。こんな生活、始めてやりました。
町を歩けば良い匂いばかりで、、家にこもってました。
しかし!わかったことがあります。
 1) 意外に腹は減らない。
 2) 今までは目と脳で食べてたのかも
 3) 特に生活に支障がない。
 4) 確実に体重とウエストが減る
 5) 食事とトイレの時間は意外に多かった。
 6) 汗をかかない?(自立神経が復活する?)

というわけで、3日経って 通常通り仕事に復帰しました。

が!だまされた。
復食〜つまり「復帰食」のこと。急に胃にものを入れてビックリさせないよう、フルーツや野菜ばかりまた3日間。
それはないよな、、、あれもこれも食べようと企んでいたのに、、、。。

そして・・・復食2日め「建具屋の野口さんと打合せ〜」と言って夕食時に出掛け、 御馳走を目の前にほどほどで我慢して帰るものの、復食3日め、「お施主さんとの打合せ〜」と いそいそと出掛けた信弘さん。やはり打合せはイタ飯屋でとうとうギブアップ。まあ復食最終日だから今回はよく頑張ったで賞。私も一緒に打合わせに行ってしまったら誘惑に耐えきれず、食べちゃったろうなあ〜。
しかし、今回の結果に手ごたえを得、来月もトライすると豪語してます!その波紋は建具屋さんや家具屋さんにも広がっているとかいないとか?

何かとストレスの溜まる「モノ造り業種」。ぱっと仕事を時間で切り上げて帰宅して趣味に没頭なんてあるわけもなく、 いつも仕事の事を考えている日々。そんな中、脳硬塞に倒れる諸先輩方も多いのです。真面目な話。モノを造ることに係る人は設計に限らず同状況で、一昨年も、いつも元気で、頼りになる電気屋さんが脳硬塞で倒れたと連絡が入り悲痛な思いを経験しました。

今回の断食はそんな日々の過ごし方で不健康この上ない現状況をどうにかしたいと強行したもの。
断食といっても必要な栄養はサプリメントや生ジュースで毎食摂取。おかげで体調よし!

時間が無い中、暴飲暴食で日々のストレスを発散しているそこの貴方、
たまには体の負担を軽くする為に断食はいかが。。



  <<  ページトップに戻る  <<

7日(土曜日)
今年の5月に竣工した「茅ヶ崎の家」 のお施主さんから茅ヶ崎花火大会の日に御招待を受け伺いました。
沢山の美味しい手料理をいただき、ほどなく、花火の打ち上げの音に2階の部屋から窓の外を見ると、なんと大輪の花火が目に映りました。
設計時にそんな事までは検討に入れていなかったのが本音で、びっくりしたのと感動したのと...。今年最初の花火を設計したお家で見せてもらえるとは思いもよりませんでした。
御好意に感謝です。

楽しく過ごす中、あっという間に時間が経ち、駅にたどり着いた頃には横浜行き電車は終了〜。。
でも幸せ気分でした。
2Fデッキ越しにみる室内 キッチンでは沢山の手料理が準備され・・
窓から花火が見えて感動


  <<  ページトップに戻る  <<

<<「つれづれ日記」目次に戻る<<