鈴木アトリエ
トップにもどる

・・・・・Suzuki Atelier・・・・・

「エリア045建築家の素顔展」より
  <<「つれづれ日記」目次に戻る <<



uri
私達が考える
家づくり

works

about us
アトリエ地図
アトリエ案内
メール
メール

19日 エリア045 建築家の素顔展・・ / 21日 助産院から住宅へ・・


・・エリア045 建築家の素顔展・・ 10月19日(月)
横浜新都市ビル(そごう横浜店)9階で、10月11日(火)から開催した「エリア045 建築家の素顔展」が昨日18日(火)に無事に終わりました。

よくある建築家展示会と違い、「エリア045」らしいユニークな企画でした。展示物の横には建築家の等身大シルエット像が置かれ、仕事だけじゃなく、知っているようでまだ見ぬ互いの素顔について披露し合い、参加者もご来場のお客さんにも楽しい展示を目指した展示会でした。
エリア045 建築家の素顔展
エリア045 建築家の素顔展
「エリア045」のイベントは久しぶり。説明が遅くなりましたが、「エリア045」は建築家が自主運営するグループです。企画などは持ち回りで担当しています。今回の指揮をとったのは解剖図鑑シリーズ1作目「住まいの解剖図鑑」執筆の建築家:増田 奏さん。来場者人数をビーズ玉投票で数えるなど、ユニークなアイデア満載でした。目的通り、参加建築家みんながとても楽しそうでした。

鈴木アトリエは、今まで設計した建物を串カツのように、「素顔」部分はモビールのように展示しました。ご来場してくださったうちのお施主さんは、建物串カツの中からご自宅を一生懸命探してくださって、見つけた時の表情はとても嬉しそうで、見ていた私も嬉しくなりました。ご来場、ありがとうございました!

この「エリア045 建築家の素顔展」は巡回展になるようです。来年1月に別会場で開催するよと発表がありました。詳細がわかり次第、ホームページやフェイスブックでお知らせしますので、今回見られなかった方は次回、是非、足をお運び下さい。

エリア045 建築家の素顔展


<<ページトップに戻る


・・助産院から住宅へ・・ 10月21日(金)
助産院2期
15年前に「稲田助産院」の2期工事として設計したアネックス。

なんと、ここに「おでんせ中の島」で設計を手伝ってくれたA君一家が住むことになりました。引っ越して3ヶ月位たったとのことで、伺ってきました。

1階を駐車場としたピロティ建築で、階段を上がってテラスから入るアプローチ。託児室として使っていたコルク張りのメインスペースはリビング・ダイニングに。廊下の事務室がそのまま彼の設計事務所のスペースと、すんなり住宅に切り替わっていました。なんだか羨ましいぞ!

助産院2期 助産院2期


<<ページトップに戻る




<<「つれづれ日記」目次に戻る<<