鈴木アトリエ
トップにもどる

・・・・・Suzuki Atelier・・・・・

しるこサンド

つれづれ日記

2013/06月

  <<「つれづれ日記」目次に戻る <<



uri
私達が考える
家づくり

works

about us
アトリエ地図
アトリエ案内
lancia
メールはこちら
atelier555@mac.com

6日 本の挿絵描き・・・ / 13日 「日吉K邸」見学会(追記有り)・・・

・・ 本の挿絵描き・・・ 6月6日(木)
 大学時代に苦戦した建築構造力学。。
そんな私に建築構造学教科書の図版描きのお仕事をいただくようになりました。
解読に苦労した構造力学の図版、その経験からもっと学生が直感的に力学を理解できる図にしたいと常々思い、ラフスケッチを提出するも、著者の構造学の先生からのリクエストは教科書らしい学術図、なかなか私の野望は実現しませんでした。

 そんな折、「初めて学ぶ建築構造力学」の図版描き依頼がやってきました。
いつものようにダメ元で教科書らしくない「おとぼけ猫が力学現象を引き起こすラフスケッチ」を提出したところ、意外にも出版社から「著者からOKが出たから」との連絡。詳細を詰めに著者の先生に会いにいくと大貫先生は女性の方で、同じ女性同士、互いの話のツボがはまり「学生が直感的に理解できる図」の意図に共感してもらえ、キャラクターの力学現象図で本格的にGOサインをいただきました。
 しかしここで意外なリクエストが・・・「キャラクターにねずみを起用して欲しい」(笑)と。私はもちろん快諾!キャラクターにねずみ君も登場することになりました。

 ここで困ったのは図のデーター作りです。今までの構造教科書の図版はグラフィックソフトで対応できましたが今回はおとぼけの猫とねずみを描かなければなりません。イラスト専門家じゃないのでペンタブレットなんて持っているはずもなく、PCグラフィックソフトでは手描きの雰囲気を出せず、結局、すべて手描きとなりました。下描きをなぞって描くと線の勢いがなくなるため下書きはせず一発描き、失敗したら初めから描き直しです。いままでになく根気が必要でした。

 著者の大貫先生から構造家ならではのアイデアを沢山いただき、とても為になるやり取りで楽しかったです。こうして今までにない構造力学の教科書「初めて学ぶ建築構造力学」が完本しました。我が母校の生協にも並んでいるようです。
 一般書店にも並んでいますので是非手に取ってみて下さい。とぼけたねずみと猫が建築構造力学をやさしく解説してくれます。

 学生時代、9ページの「支点のモデル」のねずみ君のように構造の先生が教えてくれていれば、私は混乱しなくてすんだのに〜。。

表紙 表紙
シーソー猫
肴欲しい猫たち
ねずみぶる下がり

<<ページトップに戻る

・・ 「日吉K邸」見学会(追記あり)・・・ 6月13日(木)
 6月8日(土)「日吉K邸」見学会を生活クラブのオルタスクエア主催で行いました。
 「日吉K邸」は駅から程近い旗竿地で、当初はリフォーム相談でいらっしゃったのですが打合せした結果、新築に切り替わった家です。写真スタジオを内包しているので室内のあらゆる場所で撮影できるように思考を凝らした空間や仕上を施しています。断面計画を駆使して24坪とは思えない広がりのある住まいが出来上がりました。

 既にお施主さんが引っ越されて1ヶ月、お施主さんのセンスの光るインテリアが家の魅力をより一層引き立てていました。暮らし始めたお施主さんが喜んでくださっているのがなにより嬉しいです!

 見学会では駅から近い立地もあってか予想以上の多数のご参加をいただき、30坪ほどの室内があっと言う間にぎゅうぎゅうに・・・。せっかくの見学会だったのにじっくり見ることができない状態になってしまい申し訳ありませんでした。以前に鈴木アトリエで新築して下さったお施主さんも何組か来て下さったので久しぶりにゆっくりお話したかったのにままならず、とても残念でした。これからは受付時点で多数になったら2部制にしたほうがいいですね。。
オルタスクエアの皆さん、よろしくお願いします。

竣工ページはお施主さんご自身の撮影写真でアップさせていただこうと思ってますのでちょっとお待ち下さいね。

日吉K邸キッチン

 「日吉K邸」お施主さんからお礼状をいただきました。
こんな時は本当に嬉しいものです!!

日吉K邸葉書

<<ページトップに戻る




<<「つれづれ日記」目次に戻る<<