鈴木アトリエ
トップにもどる

・・・・・Suzuki Atelier・・・・・

麦、千葉で散歩

つれづれ日記

2013/04月

  <<「つれづれ日記」目次に戻る <<



uri
私達が考える
家づくり

works

about us
アトリエ地図
アトリエ案内
lancia
メールはこちら
atelier555@mac.com

10日 姫路木場の倉庫改修の再開・・・ / 25日「日吉K邸」が完成・・
30日 今年のキャンプは・・

・・ 姫路木場の倉庫改修の再開・・・ ・・ 4月10日(金)
 東北の震災後に止まっていた工事が再開しました。

 姫路なので震災の直接的な関係はないのですが、今回の被害の中心が津波であったことを踏まえて、高さ関係のレベルの考え方の見直しやお施主さんの気持ちの問題もあり、約2年の期間が過ぎました。

 すでに建物外装は終わっていますので、建築的にはなにも変化はないのですが、土間の高さを周囲の堤防と予想水位から、どこに設定するか?仮に水が入ってきた際に側溝をどうやって排水するか、など、主に土地のレベル差の検討から始めることになりました。
姫路木場の倉庫海がとても近い場所です
作業の中心は土木なので、専門家に任せて私はオブザーバー。あまりすることは無いのですが、図面のチェックと意匠の整合との判断だけをします。あとは室内照明を考えるくらいですが、LED照明の良いのがでてきているので、それを採用する予定。

 さてこの倉庫、なんのために作っているの?用途は?と時々聞かれるのですが、実は2年後にお施主さんが姫路名物「灘のけんか祭り」の地域の総代になる予定なのです。その際のお披露目、祭り時の宴会場のために作っているのです。 「え?お祭りのお振る舞いのため?」 そうです。庶民にはとても発想できないのですが、この地域の男の「粋」というのはこういうことなのです。

<<ページトップに戻る

・・ 「日吉K邸」が完成 ・・・ 4月25日(木)
 スタジオ兼用住宅の「日吉K邸」が完成しました。
 旦那さんが急遽、長期海外出張にいくことになり、その前にどうしても引越したいとのことで、急ピッチで工事が進められ、外構を残して、建物が完成しました。検査も終り、今日はお施主さんと一緒にワックス塗りです。

少しだけ建物紹介すると〜
 玄関には敏腕建具屋Nさん謹製のヒバの建具。
雨戸+ガラス戸+網戸の3枚仕立てになっています。
写真スタジオと玄関土間が一体になっており、中2階の部屋は撮影用の踊り場。ここは漆喰による白の空間。リビング階は天井が2.6mと高く、色タイルがアクセントになったキッチンは奥様が集めていた写真からセレクト。色々と遊んでおります。

見学会は6月8日(土曜)です。
それまでにはきっと室内もお庭も出来上がっているはず。楽しみです。
日吉K邸

日吉K邸

<<ページトップに戻る

・・ 今年のキャンプは・・・ 4月30日(火)
 いつもなら長期キャンプに行くはずが、今年は友人の結婚式が名古屋であったために断念。。
岐阜から帰ってもなんだかじっとしていられず、思い立って夕方に家を出発して3時間。道志村のキャンプ場の様子を見にいきました。

 今年は「橋本K邸」のお施主さんも御夫婦で参加されてました。私は慌てて出発したためか、食材は持参したのに調理器具を忘れてしまい、みなさんから余った?料理をたくさん恵んでいただくという失態(笑)キャンプファイヤーにあたりながらお酒を飲み、20才の大工とだらだら話をしながら過ごし、夜はクルマのリアシートで寝て、翌日の朝には帰るというとっても短いキャンプ日程になってしまいました(泣)どちらかといればみなさんのキャンプの装備をチェックしに行ったのが目的になってしまいました。
今年のキャンプ

<<ページトップに戻る




<<「つれづれ日記」目次に戻る<<