鈴木アトリエ
トップにもどる

・・・・・Suzuki Atelier・・・・・

鈴木アトリエ

つれづれ日記

2012/05月

  <<「つれづれ日記」目次に戻る <<



uri
私達が考える
家づくり

works

about us
アトリエ地図
アトリエ案内
lancia
メールはこちら
atelier555@mac.com

1日 今年の道志村キャンプ・・ / 12日「センター北U邸」1年点検

・・ 今年の道志村キャンプ ・・ 5月1日(火)
毎年恒例(といってもまだ3年目ですが・・)のBOB`sキャンプは、私にとって唯一のお休みのようなものですから、かなり楽しみにしているイベントです。塗装屋ロバートさんが中心になってベースを構えるキャンプです。

今年も荷物満載+ギター2台まで積み込んでいってきました。 連休は非常に混雑するため、今年もそれを避けて4月の終わりから2泊3日です。

昨年失敗した、コンロの風よけを今年は100円ショップで購入し、料理対策は万全。山に入る直前にスーパーで大量の氷を購入しての参上しました。

あとはテント張って、食事つくって、ダベって、寝ての繰り返しですが、山の空気の中でそれを行うこと自体がリフレッシュです。
毎週来られれば、、、と思いつつ、また来年。になってしまうのでしょうね。
キャンプ
キャンプ
キャンプ キャンプ

<<ページトップに戻る

・・ 「センター北U邸」1年点検 ・・ 5月12日(土)
いつも竣工後1年が経つのは早いもので、あっという間です。「センター北U邸」に伺ってきました。
家の中は完成時とあまり変化もなくゆるい感じでそのまま使われていました。予定されていたテレビ台はまだ未購入で、造作家具とのマッチングが今ひとつ完成していなかったのですが、それもそのうちとのこと。

この住宅で功を奏したと思うのが収納方法。
通常コストを抑える時は造作手間費が掛かる造り付け家具にせず、大きな部屋の形(つまり納戸です)で収納を確保するのですが、ここではすべて家具で設えました。 したがって、キッチン周りの戸棚や、リビングの収納家具などすべて作り付けの杉材で統一できました。かなりのモノたちを呑み込む容量が適所適所にありますから、散らかった感じにならずにすんでいます。

水廻りにもちょっとした工夫があります。
洗濯機を夜回し、それを朝まで脱衣室内に干しておく方法を常にされているそうで、これは実にうまくいっているようです。もちろん日曜日など、陽に干すこともあるとのことですが、普段はお勤めのため、この方法で済ましているとか。60センチ出っ張らせた洗濯干場と腰下の家族全員下着入れ収納が、実に上手く使われていました。
リビング造り付け家具

サンルーム

<<ページトップに戻る



<<「つれづれ日記」目次に戻る<<