鈴木アトリエ
トップにもどる

・・・・・Suzuki Atelier・・・・・

uri
つれづれ日記

2007/9月

  <<「つれづれ日記」目次に戻る<<

uri
私達が考える
家づくり

works

about us
アトリエ地図
アトリエ案内
lancia
メールはこちら
atelier555@mac.com


・・ オーストラリアへ行ってきました ・・ 9月20日(木)
2人とも期限切れになったパスポートを作り直し、兄の挙式に出席するため、オーストラリアへ行って来ました。
時間の工面を無理矢理して・・・・・

オーストラリアは今、春先。直射日光はさすがにオゾンホール問題の国、肌に刺さり痛い感じでした。 しかし気候そのものは、花粉の飛んでいない春〜の爽やかさでした。

ここへ来たら動物とのふれ合いなしで日本に帰れないと、 式の打ち合わせだという兄と分かれ、初日から私達は有名どころの有袋類動物とふれ合えるレジャーランドへ。 放し飼いのワラビー、コアラ、ウォンバットなどの頭をなでたり、抱っこさせてもらたりと満喫。 しかし一番ふれ合いたかった有袋類動物はポッサムは夜行性なため、レジャーランドでは 薄暗い檻の中をガラス越しに遠くから見ただけで、見た気がしません。 ポッサム会わずでは遠いオーストラリアに来た甲斐がない・・と、兄の挙式に参列し、お祝いをしたその日の夜、 いそいそとちょっと厚着をして野生のポッサムの餌付けツアーへ出掛けました。

このツアーのメインは「土ホタルと天体観測」。あまり日本人に馴染みのない動物=ポッサムとのふれ合いはツアーのおまけでした。 私のように、ポッサム目当てなんてのは、かなり変わり者。 野生なので大きな音や早い動きに敏感に反応して逃げてしまうとガイドさんにいわれ、 慎重に近づき、串に刺したチーズを目の前に差し出すと、串ごと小さな手で握ってもぐもぐ、もぐもぐ。 食べる様子は、写真でみた姿より何倍も何十倍も愛嬌があり表情も豊かで可愛らしく、連れて帰りたい程。 図鑑の写真はフラッシュでその表情が飛んでしまっているものばかりなので フラッシュなしで写真を撮ろうとISO1600フィルムを旦那さまが準備してくれたのですが、上がってきた写真は残念なことにブレブレでした。 ツアーのメイン、光るイトミミズみたいな生き物もおもしろかったし、天体観測所での天体望遠鏡体験も感動しました。レンズを覗くと 月面クレーターがハッキリ見える・・・木星や天の川も美しかった。。。。あまり日本人に馴染みのない動物=ポッサムとのふれ合いはツアーのおまけでした。 私のように、ポッサム目当てなんてのは、かなり変わり者。 野生なので大きな音や早い動きに敏感に反応して逃げてしまうとガイドさんにいわれ、 慎重に近づき、串に刺したチーズを目の前に差し出すと、串ごと小さな手で握ってもぐもぐ、もぐもぐ。 食べる様子は、写真でみた姿より何倍も何十倍も愛嬌があり表情も豊かで可愛らしく、連れて帰りたい程。 図鑑の写真はフラッシュでその表情が飛んでしまっているものばかりなので フラッシュなしで写真を撮ろうとISO1600フィルムを旦那さまが準備してくれたのですが、上がってきた写真は残念なことにブレブレでした。 ツアーのメイン、光るイトミミズみたいな生き物もおもしろかったし、天体観測所での天体望遠鏡体験も感動しました。レンズを覗くと 月面クレーターがハッキリ見える・・・木星や天の川も美しかった。。。

あ、今回のオーストラリア旅行の目的は兄の結婚式参列でした。はい。。
サーファーズパラダイス
サーファーズパラダイス

放し飼いワラビー
人に慣れてるワラビー

ワラビーの手
ワラビーの手のアップ
餌くれ・・
「餌くれ・・」
物怖じしない海猫
近づいても物怖じしない海猫たち
ウォンバット
ウォンバット


<<ページトップに戻る<<



<<「つれづれ日記」目次に戻る<<